PCサイトを見る 
HOME 書籍 酒風呂 お茶 コラボ
Tシャツ
TAOの本専門店 早島BOOKSHOP


2019年8月13日(月)~2019年8月18日(日)まで、商品の発送・お問合せへのご返答は休止させていただきます。
※ご注文は、期間中も24時間お受けしております。

心と体を強くする 気の瞑想術

心と体を強くする 気の瞑想術

注文する amazonで購入>>
早島正雄 著
定価(税抜)1,400円
出版社:KKロングセラーズ
文庫
もくじ

第1章 まずは体の硬さ、心の硬さをとり去ることから始めよ

  • 心身の緊張をとり去ればストレスから解放される
  • ただ静かに坐るだけで人間本来の姿がえられる
  • 「精」「気」「神」が人間の条件
  • 人生と宇宙のつながりを究めることが導引の目標
  • あらゆる対立を解消する能力を生み出す
  • “無為自然”こそ真の姿
  • 「正しく見る、正しく聞く、正しく言う」ことの大切さ
  • 我執を捨てるということ
  • 体の硬さをとり去って、心の硬さをとり去るのが「気の健康法」

第2章 邪気を追い出し、気を体内にとり込むリラックス瞑想法

  • ◆《静坐法》宇宙の気を自分の体内にとり込み運行させる
  • 盤坐して精・気・神を臍下丹田に集中させる
  • 脳の命令系統を休ませて、内臓を調和させる
  • 何も考えずに、ただ自分が呼吸している「気を聴く」
  • 無我の境地からさめた時、ストレスは消えている
  • ◆《スワイソウ》手を振って邪気を追い出す
  • 両手を前後に振る簡単な体操
  • 上半身のしこり、つかえをなくし全身に新鮮な気を流す
  • 上半身の力を抜いて、下半身に重心をおく
  • 両足は老樹が大地に根を生やしたときのように
  • “上三下七”の力のバランスが万病を治す
  • 気血の流れがスムーズになり、体質までも改善する
  • 驚くべきスワイソウの治癒力

第3章 心の悩みを消し去る六法の効果

  • 心の悩みは体で治し、体の病気は心で治す
  • 西洋医学で治らない心の病気
  • 第一法――嫉妬深さ、ぐちっぽさはこれで治る
  • 第二法――不眠症、逃げたがり病はこれで治る
  • 第三法――小心、自信喪失はこれで治る
  • 第四法――おどおど、視線恐怖はこれで治る
  • 第五法――緊張症、全身のこわばりはこれで治る
  • 第六法――やる気が出ない、自律神経失調はこれで治る

第4章 五臓を整え、病気を治す瞑想呼吸法

  • 邪気が体のトラブルの原因だ
  • 気を全身に巡らせばファイトがわく
  • 六気法こそ五臓を整え、気を満たすための呼吸法
  • 肝の邪気を払う法
  • 胆の邪気を払う法
  • 心の邪気を払う法
  • 肺の邪気を払う法
  • 腎の邪気を払う法
  • 脾の邪気を払う法

第5章 あなたの心身の健康をチェックする

  • 気色で見るあなたの体
  • 性格は顔でズバリと見抜ける
  • まぶたが語るあなたの体
  • 目が語るあなたの体
  • 鼻が語るあなたの体
  • 耳が語るあなたの体
  • 唇が語るあなたの体
  • 歯が語るあなたの体
  • 舌が語るあなたの体

第6章 もっと強靭な肉体と精神をつくる「易筋経二十四段」

  • 達磨大師の坐行から生まれた伝説の書・易筋経の秘密
  • 動・静の動作の中に絶妙な効果を発揮する
  • 《前部一~十二段》
  • 気を全身にめぐらせ浸透させる
  • 《後部十三~二十四段》

第7章 自然の法則にまかせれば楽しく元気に生きられる

  • 瞑想の効果をあげる洗心術
  • 「気」に逆らわずに生きることが健康につながる
  • こだわらない自分を作れば道が開ける
  • 気を全身にめぐらせ浸透させる
  • 一度徹底的にやってみろ。どうしてもいやならやめればいい
  • 外に求めるな。自分が変われば周囲も変わる
  • 知識や常識のゴミにとらわれるな
  • 肩書きに頼るな
  • 姿や顔を気にすることはない
  • 一つのことにとらわれるな
  • 人間の体は薬や手術では治らない
  • 自分でやろうと思ったら、どんなことでもできる
  • 寒ければ着こみ、暑ければ脱げばいい
  • 人のために一生懸命働いて名前を残さない
  • 活法と殺法が一つになって本当の価値が生まれる
立ち読み

「ただ静かに坐るだけで人間本来の姿がえられる」

 導引術における瞑想の方法は、道家では「静坐法」と呼んでいる。一般に瞑想というと、音楽を聴きながら意識を第三の眼に集中するとか、頭へもってくるとか、そして、背筋を伸ばす、無になれなど、やたらにむずかしいことを並べて教えているようである。

 しかし、道家の静坐法は、ただ静かに坐ればいい。もともと脊髄は軽く湾曲しているのだから、体を楽にして無理をしないで坐る。そうすれば、わたしたち人間の「もとの姿」にかえるのである。たとえば、雑念が浮かんだとする。そうしたら、いまは静坐をしているのだから、追い求めつづけない。すると、だんだん本来の姿である“無”に戻ることができてくる。

 これからが、気の瞑想実践術になるのである。本来の姿、つまり“静”になり、“無”になってこそ、はじめて実践が生かされてくる。

 それは自然の流れに逆らわない生き方、老子のいう無為自然となって、これから説明する「精」「気」「神」がそなわってくる。そうすれば精神的に悩まなくなり、肉体的にも病むことなく、死ぬまで元気に働けることが、この瞑想実践術によって体得できるのである。

お買物合計3500円(税別)以上で送料無料

道家道学院受講生用ショップ

TOPページへ

二大特典

早島BOOKSHOPメールマガジン

書籍をカテゴリーから探す

最新刊
健康
TAO・生き方
運気
美容
文庫
ビジネス
限定販売
専門
外国語版

お問合せ

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

「道家道学院インターネット事務局」
03-3370-7719

<受付時間> 10:00~19:00