はじめに~自分自身を見なおすとき

  「私が生きていることにはどんな意味があるのだろうか」

  「自分とは何者なのか」

  「なぜ人生には、つらいことが起きるのだろうか」

あなたは、最近、そうしたことを真剣に考えているのではないでしょうか。

そして、それらについて、残念ながら答えはないのだ、と感じてはいませんか。

二〇一一年三月十一日の東日本大震災により、東北を中心として多くの大切な命が亡くなり、また家屋や学校、工場などが流されたり、原発の事故が 誘発されるなど、ほんとうに悲惨な被害を与えました。

その被害は甚大で、多数の人が避難生活を送ることになり、戦後最大の国難になったといわれます。無数の人が被災し、多くの人命が奪われたなか で、私たちは、こうして今、生かされている奇蹟に感謝するばかりです。今こそ私たち人間は、傍若無人な開発や、過度な欲望によって天地自然のバラ ンスを壊すことのないよう、もう一度冷静な目で自分に向きあい、自分自身を見なおすときではないかと思います。

戦争の時代をくぐり抜けてきた方と違って、現代の人たちは死が身近にある体験は乏しいと思われますが、この大震災や原発災害などによって、すべ ての日本人が死と隣り合わせの毎日を送るように変わってしまったということができるでしょう。

二〇〇一年九月十一日、ハイジャックされた飛行機がニューヨークに聳(そび)え建つワールドトレーディングセンタービルに衝突し、多数の死傷者 が出ました。この同時多発テロの悲惨な映像を見て、近代文明のはかなさや人間の命の意味について考えるようになった人がたくさんいましたが、今回 の大地震とその後の出来事はそれに勝るとも劣らない衝撃を人々に与えています。

生きるということ、死ぬということはどういうものなのか、また同じ場所にいても、なぜある人は命を失い、ある人は命びろいをするのか、あなたは そうした疑問をかかえているのではないでしょうか。

「このたびの大津波や原発事故は、想定外だった」という言葉をよく耳にしましたが、大自然の猛威の前にあっては、人間のはからい心がいかに小さ なものかということが、痛感されたのではないでしょうか。

本書では、生と死についてのタオの考え方、そしてこのような大きな震災や危機に直面したときに、タオイストはどのように行動し、考え、生きぬい てゆくのか、ということを述べてまいりたいと存じます。

そしてまた、人間にとって重要なことは何なのか、人間の幸福とはどういうものなのかをごいっしょに考えていきましょう。

本書を通じて、ぜひ「元気」になっていただき、「ほんとうの生き方」をつかんで、毎日を送っていただきたいのです。

『タオで生きぬく~心と体を元気にして幸運をひらく道~』へ戻る